イメージ画像

薬剤師求人:正社員以外の働き方と種類

薬剤師の仕事は、正社員以外にも様々な働き方があります。やはり安定性という点で考えると魅力的なのは正社員なのですが、それぞれの働き方でメリットとデメリットがあるので、自分はどのような形で働くのが一番理想的なのか考えてみてはどうでしょうか。

薬剤師という職業は、約7割が女性です。そのため、結婚や出産というイベントの際に働き方を変更する人も増えているようですね。
http://www.norfolkthunderbirds.org/

まず、パートやアルバイトといった働き方についてです。パートやアルバイトとして働く場合の大きな魅力とも言えるのが、やはり時給の高さではないでしょうか。

一般的な仕事では、なかなか高収入が期待できない働き方とも言えますが、資格が必要な薬剤師の場合、時給2000円以上となることも珍しくありません。なぜパートやアルバイトといった働き方でもそれほどの高時給がもらえるのかというと、薬局では薬を販売する際に必ず薬剤師を置かなければならないからです。

もちろん、何人もの薬剤師を正社員として雇っているところもありますが、正社員として雇うとなるといろいろ考えなければならないことがあるので、雇いやすいパートやアルバイトという形で薬剤師を置いているところもたくさんあります。

パートやアルバイトといった働き方は雇う側にとってもありがたい勤務形態なので時給を高めにしてスタッフを確保しているのです。

派遣社員という形で薬剤師の仕事をしている人も多いですが、こちらのメリットは福利厚生が充実している派遣会社が多いということです。社会保険や雇用保険に加入できるということを考えると、パートやアルバイトの不安定さを解消できる働き方が派遣社員であるとも言えます。

また、パートやアルバイト以上に高時給も期待できます。契約社員として働く場合は、派遣よりも長めの契約期間となっているのですが、派遣社員よりも給与は低くなりがちです。ただ、長期で同じ職場で働くことができるため、スキルアップには最適な働き方だと言えるでしょう。

薬剤師の企業への転職について

多くの薬剤師から人気のある職場として企業が挙げられます。 例えば、化粧品メーカーや製薬会社でも薬剤師が求められており、待遇も良いと評判なのです。

企業で働きたいと思っている方は、まずは製薬会社から考えてみると良いでしょう。 製薬会社では医薬品の開発だけでなく、製造や様々なことを行います。

製薬会社の中には、西洋薬だけでなく漢方を取り扱っている所もあるため、幅広い業務を行う形になるでしょう。 薬剤師が担当するのは研究職や臨床試験を行う開発職、医療情報に関する業務を行うMR職、医薬品情報に関することを行うDI職などたくさんあります。

化粧品メーカーでの業務内容はどのようになっているのかというと、こちらでは化粧品の成分を研究したり、品質管理のための実験や研究を行うというのが主な仕事内容です。

薬剤師の働く分野といえば医療に関する分野が代表的ではありますが、化粧品メーカーで活躍して薬剤師の方もいるので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

化粧品を開発するには薬剤に関する知識も必要となるため、薬剤師としての知識を活かしていくことができます。

他には、CROという働き方も人気です。 これは新薬開発のために欠かせない治験業務を行う企業のことで、製薬会社に代わって様々な研究を行っています。

製薬会社の中には治験は基本的にCROに委託している所もあるため、薬剤師の需要が高まっているといえるでしょう。

地検計画を作成するだけでなく、準備なども薬剤師が担当する形になります。

他にも様々な働き方があるため、医療現場で働くことに疲れたという方も企業への転職について検討してみると良いでしょう。

薬剤師からの人気が非常に高いのは、研究職と開発職になります。 新しい医薬品を作る際に自分の力を役立てたいと思っている方はこういった分野が向いていますね。

ただ、様々な知識や能力が求められる職場ともいえるため、やりがいを感じるためには自分で多くのことを学び、日々努力をしていくことも重要です。

このページの先頭へ