薬剤師の働き方もいろいろ

薬剤師求人 > 薬剤師求人:正社員以外の働き方と種類

薬剤師求人:正社員以外の働き方と種類

薬剤師の仕事は、正社員以外にも様々な働き方があります。やはり安定性という点で考えると魅力的なのは正社員なのですが、それぞれの働き方でメリットとデメリットがあるので、自分はどのような形で働くのが一番理想的なのか考えてみてはどうでしょうか。

薬剤師という職業は、約7割が女性です。そのため、結婚や出産というイベントの際に働き方を変更する人も増えているようですね。
http://www.norfolkthunderbirds.org/

まず、パートやアルバイトといった働き方についてです。パートやアルバイトとして働く場合の大きな魅力とも言えるのが、やはり時給の高さではないでしょうか。

一般的な仕事では、なかなか高収入が期待できない働き方とも言えますが、資格が必要な薬剤師の場合、時給2000円以上となることも珍しくありません。なぜパートやアルバイトといった働き方でもそれほどの高時給がもらえるのかというと、薬局では薬を販売する際に必ず薬剤師を置かなければならないからです。

もちろん、何人もの薬剤師を正社員として雇っているところもありますが、正社員として雇うとなるといろいろ考えなければならないことがあるので、雇いやすいパートやアルバイトという形で薬剤師を置いているところもたくさんあります。

パートやアルバイトといった働き方は雇う側にとってもありがたい勤務形態なので時給を高めにしてスタッフを確保しているのです。

派遣社員という形で薬剤師の仕事をしている人も多いですが、こちらのメリットは福利厚生が充実している派遣会社が多いということです。社会保険や雇用保険に加入できるということを考えると、パートやアルバイトの不安定さを解消できる働き方が派遣社員であるとも言えます。

また、パートやアルバイト以上に高時給も期待できます。契約社員として働く場合は、派遣よりも長めの契約期間となっているのですが、派遣社員よりも給与は低くなりがちです。ただ、長期で同じ職場で働くことができるため、スキルアップには最適な働き方だと言えるでしょう。