イメージ画像

病院薬剤師の業務内容

病院薬剤師が行う病院内での調剤業務は、外にある調剤薬局の薬剤師の業務とほとんど変わりがありません。ただし病院薬剤師は、入院患者への薬の処方がほとんどの仕事と考えて下さい。

患者さんが訪れるのが調剤薬局です。薬局に勤務する薬剤師は患者さんが訪ねてくるのを待つ事になりますが、病院勤務の薬剤師は入院患者さんの傍らに赴き、調剤した薬を服用した際に出る効果や、飲み方の指導などを行ないます。

患者さんが出された薬を安心して飲めるように、使用した事で今の病状がどのように変化して行くのか、ということを詳しく話していきますが、その時には副作用のリスクに関して話すこともあるでしょう。

「副作用も存在しますが、服用する事で現在の病状が良くなっていきますよ」ということを、患者さんに理解しやすく詳しく案内していきます。私たちは忘れてしまいがちですが、もしかしたらこの病院勤務の薬剤師のあり方というものは、もともとの薬剤師さんの役割なのかもしれません。

患者さんが入院している病棟での仕事は、お医者様や看護師さんたちとのコミュニケーションが必要とされます。患者さんひとりひとりの今後の治療の仕方について相談することも増えていくでしょう。

お医者様からの指示通りに動くだけではなく、薬剤に関する深い知識を持って患者さんの病状に合った薬を勧めるなどのシーンも少なくないと思いますし、これが医薬分業のメリットでもあります。患者さんの治療方針の中では、処方している薬の副作用に関しては、勿論議題に上がることです。

副作用のない薬というのは存在しませんが、その影響に関してはお医者さまや看護師、薬剤師たちのいるチームで考え方をひとつにする必要があります。なぜなら医療方針が統一されていないことによって、患者さんが病院を信じる事が出来なくなってしまうからです。

患者さんの不信感だけの問題ではありません。最近では医療事故についても大きな問題となっていますが、これを未然に防ぐためにも医療チームがひとつになり、治療方針をひとつに絞っておく事が大事です。

他にも病院薬剤師の業務はあります。入院患者のいる病棟では、注射や点滴は患者さんの受ける毎日の日課のようなものです。注射や点滴の作用は内服薬と比べて患者さんの健康を取り戻すための効能が高く、薬剤師は下準備での役割を担います。

点滴も注射もお医者様が出す処方箋から調剤しますので、薬剤師は処方箋をチェックし、必要な薬剤を準備し調剤を行う、という流れの病院も最近では少なくありません。上記のように薬剤師の持つ役割の中で、点滴や注射薬の調剤も業務のひとつとなっているのです。

病院内での薬剤師の活躍の場は以前よりも広がっています。大学で6年間の学業を修めた薬剤師が、平成24年度から医療の現場に出てきました。今後、病院薬剤師もエキスパート分野を極めた人材として、今以上に病院での働きが期待されていくでしょう。

このページの先頭へ