イメージ画像

薬剤師の初任給はどれくらい?

薬剤師の資格取得を目指している人は、社会人になって最初の初任給がいくらくらいもらえるのか、気になるのではないでしょうか。ある年の統計によれば、新卒の薬剤師の初任給は23万円前後 ということです。他の職業と比べて、高めの数字となっているようです。

また初任給は年々上がる傾向があるので、これから先は初任給の平均がもっと高くなることも考えられます。薬剤師の仕事は資格を持った人でないと就職できないため、人が余っていない限り採用するのは難しくなります。

そのためできるだけ初任給などの待遇を整えて、新卒の人に選んでもらえるように考えているのでしょう。いくら初任給が高くても、その後の昇給がなければ働き続ける意欲も低下してしまいます。

でも薬剤師の場合は年齢や勤続年数に応じて給与が上がっていきますから心配する必要はないでしょう。 高い給与がもらえるというのは仕事をするうえでのモチベーションを維持するのにとても重要なことです。

新卒でまだ仕事の経験が無いのにもかかわらず、高い初任給をもって迎えてもらえるのは、とても恵まれていると言っていいでしょう。それだけ薬剤師への期待が大きいということでもあります。

薬剤師になるための勉強をするのは結構たいへんですし、大学にも6年間通わなければなりません。でも国家試験に合格して無事に就職することができれば、高い初任給がいただけると分かっているとやる気も出るでしょう。

大学で苦労した分、就職してから他の人よりも良い思いをすることができるわけです。収入が良ければそれだけ生活も安定しますし、自分の好きなことにお金を使うこともできます。

今の日本は不況のまっただ中ですから、初任給が高い会社というのは多くの人が注目し、応募も殺到することが予想されます。でも薬剤師の場合は就職できる人が限られますから、比較的余裕をもった就職活動ができそうです。

効率よく初任給の高い就職先を探したいのであれば、薬剤師専門の求人サイトを利用してみると便利ですよ。

このページの先頭へ